宣言

宣言 ICHIMATism 1.0
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

大衆の意見に流されない事をモットーに生きてきた

今までの20年だったが、実は深く考えずに流されてきた事が一つ。

それは自分の性別に関すること。

男に生まれたから男の振る舞いをして女と恋愛をする。

大半の人は本能のままに生きたら自然とそうなる。

そして自分も自然とそうなっているつもりだった。つもり。

今思えばヒントはたくさん落ちていた。

幼少の頃から

髪を短く切ることや野暮ったい服を着ることを拒み、

「男らしくしなさい」という言葉を嫌っていた。

これは本能。

学生の頃は

官能的な女性が目の前を通ると

野郎共と目で追い感想を熱く語り合った。

これも本能。

学生の頃は

女性とまともに話す事ができず、

女性は同じ人間でありながら自分とは別の存在だと

感じている時期もあった。

本能。

今では克服し、むしろ女性の外見や言動に影響を受けている。

本能。

ずっと気にも留めていなかったけど

自分の中に本能的な矛盾が生じていた。

男性として生きたくないが、恋愛対象は女性。

(とは言っても、中性的な外見で油断させて近づいてきた女性を食い散らかしている類のヒトとはまた別。)

それならどちらかを選ぶ事になる。

自分が満足出来る自分になるのか、

女性に好かれる男性として生きるのか。

同世代の人達は

「誰と誰が付き合った」「誰が誰を狙っている」等の

話で盛り上がっていて若さを楽しんでいる。

子供がいる人もいる。

一方自分はそういった類の話には魅力を感じない。

天秤にかけてみた。

まず女性が男性らしくない人を本気で好きになるのは稀だし、

なったとしても自分がその人を好きになるとは限らない。

そもそも恋愛って自分にとって重要?

あれば楽しいけど無いなら無いでも生きていける?

それにただでさえ友達が少ないのだから、

恋愛をする事で男女という概念で境界線を引き、

友達になり得る人種の幅を狭めていては損だ。

(一般的に、

全く性欲がないか、

相手に異性としての魅力を感じていないか、

理性が強すぎる場合でないと

男女間の純粋な友情を生むことはできないと思っている。

性欲を一時的に押し殺しただけの表面上の付き合いは

純粋な友情ではなく我慢大会だ。

ノリでやらかしたりする時点でそれは友達ではない。と思っている。)

そうなれば答えは一択

『自分が自分に満足する為に恋愛を辞める。』

平等に人間性だけで付き合いをするという事。

男女共に友達以上の関係は無く、性交渉も一切しないということ。

それが生きがいの人達からすると、

「太りたくないからご飯を食べるのを辞める」

ような事だろうから訳が分からないだろう。

「ご飯を食べたい」という要素よりも

「太りたくない」という要素の占める割合が大きいのだ。

もっと身近に例えるなら、

スマホの容量がいっぱいになったから

必要のないアプリから消していくようなこと。

まあ無理に理解は求めない

把握だけしてくれたら大丈夫

そうは言っても人間の価値観は日々アップデートされていくもの。

俺の事を長く知らない人からすれば、

こんな事を言っても気が変わったらきっとやりだすだろうと思うかもしれない。

ならさらに1つここに宣言しよう。

『この長い髪を

自分の意志でバッサリと切り落として短髪になったら

また恋愛を始める。』

今の髪型は色々と便利だから利便性で辞める事は無いし、

これなら一目で分かるから誤解される事も少ないだろう。

(もし意志に反して勝手に髪の毛を切られたら

凄く怒って全てを投げ出して日本から出ていったりすると思う。)

個性を出す度に嫌われてきた今までの人生、

こういう文章を書くと嫌われる事は分かっている。

上記にもあるように、

正直自分にとって恋愛なんてどうでもいい要素なのだけれど、

恋愛大好きな人間達と共に生きる為には

恋愛に関しては白黒ハッキリさせないと不便だと最近知ったから書かせてもらった。

性別の話題は非常にセンシティブで、

詳しく話したくない人も多く存在しているが、

自分は誤解されるよりも質問される方が好きだから

気になることがあったら遠慮なく質問してみてほしい。

答えられるものは答えるし、答えられないものはスルーするw

コメント

タイトルとURLをコピーしました