いちまつ君がバナナを食べる理由

いちまつ君がバナナを食べる理由 ICHIMATism 1.1
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

自分の未来をより良いものにするために
自分の食事を最適化している。

キーワードは

  • 長寿
  • 体調管理
  • スキンケア
  • アンチエイジング
  • 継続容易性

最適化をする中でバナナ
積極的に食べたいものとして
日頃から摂取するようにしている。

時期によって量は変わるが
毎日1本は食べるようにしている。

以前は保存が面倒で、

3本入りを買って

その日のうちに3本とも食べていた。

このように
いちまつの食事には
欠かせない存在であるバナナ 。

今回はいちまつが
バナナを食べる理由を解説しよう。

長寿

バナナ長寿に直接的な関係はないようだ。

しかし、

以前に「林修の今でしょ!講座」というTV番組で

「秋の長生き朝食ベスト20」の第3位として紹介されたらしい。

もしかしたら

何かしらの間接的な影響があるのかもしれない。

まあ少なくとも

長寿に悪影響はないだろうから

食べようと思う。

体調管理

目標の為に毎日行動をし続ける自分にとって
体調管理は必須課題である。

免疫力の維持と血糖値を正常に保つことは

体調管理のためにも重要だと考えている。

バナナに含まれているビタミンCビタミンB6

免疫活性に効果があると言われている。

バナナに含まれるペクチン食物繊維

血糖値の上昇を抑える効果があると言われている。

スキンケア

普段から化粧をしているし、
外見には気を遣っているから

スキンケアは自分にとって
取り組むべき課題の一つである。

化粧でファンデーションを使わない。
保湿、日焼け止めをする。

といった外側からのケアは
もちろん徹底しているが、

それよりも重要なのは
内側からのスキンケアである食事だ。

バナナに含まれている

  • ビタミンC
  • ビタミンB6
  • ビタミンB2
  • ペクチン
  • 食物繊維
  • トリプトファン

などの成分は

内側からのスキンケアに効果があると考えている。

ビタミンC

肌荒れの改善と、

メラニン生成を抑制

シミ、くすみの予防にも効果があると言われている。

ビタミンB6

肌荒れの改善に効果があると言われている。

ビタミンB2

肌のターンオーバーを助ける

役割があると言われている。

水溶性食物繊維

血液循環を良くする働きがある。

不溶性食物繊維

老廃物を溜まりづらくする働きがある。

トリプトファン

「しあわせホルモン」とも呼ばれる

セロトニンという脳内ホルモンの分泌に効果があり、

セロトニンの分泌により精神が安定することから

肌荒れの予防にも効果があると考えている。

アンチエイジング

美容面、体力面において
若々しく生き続けたいと考えている。

若々しく生き続ける為には
アンチエイジングを心がけた食事が
重要である。

バナナに含まれている

ビタミンCポリフェノールβカロテン

には抗酸化作用があると言われている。

抗酸化作用はアンチエイジングにとって

最も重要な要素の一つだ。

バナナに含まれているカリウム

ナトリウム(塩分)を排泄させる作用があり、

筋トレ後の筋肉の痙攣を予防する

作用があると言われている。

アンチエイジングのために筋トレをしているから

この効果もありがたい。

継続容易性

良い成分が豊富に含まれていても
継続ができなければあまり意味がない。

バナナの継続容易性は高いと思う。

価格

価格は品種などによって

大きく異なるが、

安いものであれば

100円以下で買えることも多い。

売っている場所

売っている場所も多い。

スーパーデパートコンビニに売っている。

果物だから

田舎の無人販売にも売っているんじゃないかな?

現在は休止中だが、

渋谷駅の地下には

なんと自動販売機もある。

DOLE | ドール バナナ自動販売機
いつでも手軽に美味しくバナナを「ドール バナナ自動販売機」

日本であれば基本的に

どこに住んでいてもバナナは食べられると思う。

味はとても美味しいと思う。

普通のもの、まだ青いもの、熟したもの

といろいろな状態を食べてきたが、

不味いものに出会ったことがない。

探せばいるかもしれないが、

バナナが苦手という人も見たことがない。

調理

調理については必要ない。

皮をむいて食べるだけ。

ただ、皮を捨てるのが面倒。

最後に

フルーツとしても人気が高いバナナだが、

実は健康食品としてもかなり優秀なのだ。

健康を維持するためにも

これからも食べ続けたいと考えている。

続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました