2023/12/12 1stアルバム『ELEMENTS』収録曲のTAB譜を12/17に公開予約しました。

「市松 蓮(いちまつ れん)」という名前を増やしました!

この記事を書いた人
市松 蓮(いちまつ君)

『#イチマティズム』というブログを書いたり、『#いちまつ君の左脳』というオンラインコミュニティを運営したり、自撮りや音楽をNFTとして販売したり、毎年クリスマスに公園で洗顔したりしています。彼女と二人暮らし。

市松 蓮(いちまつ君)をフォローする
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

この度、いちまつ君は2024年1月8日より、

「市松 蓮(いちまつ れん)」という名前を増やすことにしました。

改名ではなく、増やします。

市松 蓮(いちまつ君)ということです。

この記事では名前を増やした理由と、市松 蓮にした理由をお話しします。

名前を増やした理由

名前を増やす理由は、
一言でいうと「名前と実際のキャラクターが合っていないから」です。

理由を説明していきます。

『いちまつ君』という名前を使って11年くらい経ちましたが、
中学生だった自分ももう25歳になります。

「『いちまつ君』という名前と実際のキャラクターが合っていな
い」

という意見を度々もらいますし、自分でもそう思います。

要するに「名前詐欺感がある」ということだと思います。

特に”君”の部分でしょうね。

名前をつけた当時中学生の頃は見た目も中身も子供ですし

〇〇君で良かったんでしょう。

けれども、今はもうすぐアラサーです。

見た目はもちろんのこと、

中身は10代後半の頃くらいから既に妙に冷めてて可愛くない奴です。

なのに「いちまつ君」を名乗るのはちょっとイタいんでしょうね。

そこに信条があるなら貫けばいいと思いますが、

信条なんて無いです。子供が付けた名前です。

そこで最初は改名しようかと考えました。

けれども、10年以上使ってきた名前を改名して定着するとは思えません。
(僕がそのケースをあまり好きではない)

なので、今までの呼び方をしたい人は「いちまつ君」、
新しい名前で呼んでくれる人は新しい名前で呼べるように、

名前を変えるのではなく、自分らしい名前を増やそうと思いました。

増やす名前を市松 蓮にした理由

結論としては、深い意味はないです。

フルネームにした理由

まずは「いちまつ君」がダメなら

「いちまつさん」にしようという案が出ました。

しかし、年上の人からみたら25歳なんてまだ小僧です。

だから「君」、「さん」のフォーマットからは離れた名前にしようと考えました。

そして日本人のフルネームっぽい名前にしようと思いました。

というのも、改名が上手くいったケースを見ていると

ニックネーム→姓名
ニックネーム→近いニックネーム

は割と上手くいっていて

ニックネーム→遠いニックネーム

は元がよほど悪くない限り上手くいってない印象です。
(定着せずに元に戻す)

元のニックネームから離れすぎる→ストレスを感じる
ニックネームから姓名→違う領域として処理できる

ということでしょうね。

なので、先にいちまつ君が定着してる状態から名前を作るなら、
「いちまつ君」っぽいニックネームか

「いちまつ君」っぽいフルネーム(姓名)を作るのがいいかと思います。

(プライバシー上、本名は相変わらず守ります)

で、「いちまつ君」っぽいニックネームは思いつかないので、

「いちまつ君」っぽいフルネームにしようと思いました。

市松蓮にした理由

まず「いちまつ君」の由来から振り返ります。

「いちまつ君」の由来は「市松模様が好きだから」です。
ただそれだけです。

そんな単純な名前を使い続けてる理由は、

市松模様が自分らしいと思うようになったからです。

市松模様の特徴は、「単純」「繰り返す」です。

Instagramの投稿や製作した音楽から分かるように、

僕は「単純なことを繰り返す」という人です。

だから市松模様は自分らしいと思います。

そんな「単純なことを繰り返す」という僕ですが、

「いちまつ君」が生まれた中学生の頃から今にかけて、

覚えた表現方法が「減らす」ということです。

ミニマリズムですね。

子供の頃は増やす一方で「カオス」な表現者でしたが、

今は減らすことも覚えて「ミニマル」な表現者になったと思います。

だから今回の名前はミニマルに考えてみようと思いました。

上記の通り、「いちまつ君っぽいニックネーム」ではなく

「いちまつ君っぽいフルネーム」にすることにしたので、

まずは「市松 ○○」という形式で名前を考えてみましたが、

どれもしっくりきませんでした。

「市松」に増やす言葉はもう無いのです。

だから2023年生まれの一番多い名前を調べてみました。

実際にはランキングによってバラバラなので一番は分かりませんが、

「蓮(れん)」という名前が目につきました。

ジェンダーレスでなんだか暗くて、

主人公というよりは2番手っぽくて、自分らしいなと思いました。

そういえば本名もどこかの年の一番多い名前で、

意味は特にありませんでした。

「苗字はエゴ、名前は無意味」って

自分のミニマリズム的にもちょうど良いです。

苗字が「いちまつ」のままなので、

今まで通り「いちまつ君」とも呼びやすいと思います。

そういえば忘れてましたが、

「イチマティズム」も、SNSのID「ichimatsukun」も

そのまま使えそうで便利ですね。

こういった理由で、

増やす名前を「市松 蓮(いちまつ れん)」に決めました。

まあ好きに呼んでください。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

れん

タイトルとURLをコピーしました