自分語りの道理

自分語りの道理 ICHIMATism 1.0
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

なぜ聞かれてもいないのに自分の考え方について発信しているのか。

それは前向きに生きる為だ。

自分は誤解をされるのが一番嫌いだ。

生きているうちは

誤解を解くことができるかもしれないけれど、

死んだ後は言われ放題だ。

偉人の没後、

言ってもいない名言やしてもいない行動が

本人の意思に反して広まっていくのをよく見かける。

自分はそうなりたくないと思っている。

クサイ言い方だけど、自分は表現活動に人生をかけている。

社会に合わせて生きられないから、

自分の居場所は自分で作らないとポックリ死んでしまうからだ。

そんな覚悟を持っているのに

死んだ後の不安を抱えていたら守りに入ってしまう。

だから自分の生き方の証拠を

データとして残す生前整理をしているのだ。

野垂れ死ぬ事がロックの死に方だとよく言われるけど、

そんな昔の人の価値観は

あくまで過去の要素として頭の片隅に置いておいて、

自分は自分の生き方をして自分の死に方をする。

死後に完成するのが人生だと考えている。

もちろん無駄死にはしないけど、

死後の不安を減らしていくことで前向きに生きていける。

それがイチマティズム

つまり一連の活動は、

諦めの悪い不死身願望によって生まれるものである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました