1日5時間のギター練習を中断した理由【音楽をやる理由】

1日5時間のギター練習を中断した理由 ICHIMATism 1.1
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

2019年10月25日から
2020年2月28日まで
1日5時間

2020年2月28日から
2020年3月13日まで
1日3時間

弾けない日があれば
翌日に追加で練習したりしながら

1分も欠かさず
ギターを練習し続けた。

しかしそれ以降
全くギターには触れずに過ごしている。

なぜそこまで積み上げてきたものを
手放してしまったのか

今回はその理由を述べていく。

バンドの話がなくなったから

実はバンドに加入しようとしていた。

去年の11月に
バンドに応募していて

今年の年明けには会って
話をする予定だった。

だからそれまでに
ギターが弾けるようにと
練習をしていたのだ。

5時間は最低ラインだと考えていたから
5時間やった。

しかし、
年明けになっても連絡が来ず、
SNSを見てみると

どうやらそのバンドは

フロントマンはソロ活動をしていて
他のメンバーは更新していない。

事実上解散していたのだ。

視聴者が消えたから

ギター練習をしていたのは

ライブ配信の放送ネタとして
という側面もある。

元々20歳の誕生日に

「将来必要な気がする」

という理由で
ギターは買っていたのだが、
(それにしては良いギター過ぎる)

弾けないのになぜか舞い込んできた
ノイズコアパンクのライブ出演のために

パワーコードだけ少し練習したものの

特に弾く理由もないから
ライブ以降は放置していた。

それから数ヶ月後、
ライブ配信中に手持ち無沙汰になり、

なんとなく手に取ったら
映像映えした。

それから
バンドに応募して、

毎日ライブ配信をしているし

雑談だけをするくらいなら
そのまま配信中も練習しちゃおう。

ということで
ライブ配信とギター練習を紐付けた。

最初の数ヶ月は

練習の手が止まるほど
視聴者が来てくれていたが、

生活の都合上、
深夜に配信をするようになってからは

視聴者が激減した。

誰もいない時間もたくさんあった。

バンド加入の目的もあったが
連絡は来ないし、

視聴者も失った自分は

自分の人生にとって
今ギター練習をする必要はあるのかを
改めて考えた。

数ヶ月かけて考え続けた結果、

よく考えたらギター練習は
今じゃない
と分かった。

よく考えたらギター練習は今じゃない

必要なものが揃っていない

ギター練習を続けた先にあるのは
高度なギター演奏技術

手に入るのは始めてから数年後

独学は効率が悪い。

最速でギター演奏技術を習得する方法は
確立されているから
迷う暇があれば習った方がいい。

(Hidenori Music Schoolで)

必要なのは
学費練習時間

つまり
数年間、お金時間
ギターに割ける状況があれば

無駄なく最速でギター演奏技術を習得できる。

音楽をやる理由

ギターに限らず、
音楽をやる理由

自分の思想(想い)を伝えるため。

もちろん音楽は好きだけど
自分は好き嫌いだけでは動かない。

今の時代、

文章(ブログ、SNS)や
動画(YouTube)でも
思想を伝えることはできる。

それに文章や動画は
伝わりやすい。

しかし文章や動画だけでは
なかなか幅広い世代の心に響かない。

特に年々、

文章は
若い世代の心に
あまり響かなくなっている。

だから
沢山の人に自分の思想を伝えるために
音楽という表現方法を使うのだ。

昔から口ずさんでいた
曲の歌詞の意味を

大人になってから
改めて理解する事もあるだろう。

今から音楽をやる必要はない

下積みをする時間は
正直、無駄だと思っている。

日本の音楽界で売れるには
テンプレがある。

カッコいい曲なのに
いつまでも売れない人もいれば

中身のない曲
売れている事もある。

例外もあるが、

残念ながら
今の日本の音楽界では

テンプレに沿っているか
が重要だ。

(例えば、
サビがどこか分かりにくいと
売れづらいとか)

やりたい音楽
そのテンプレに沿っているとは
限らない。

テンプレに寄せた事によって
自分の思想に関係のないもの
出来上がったら意味がない。

それに
音楽は結局ミキシング
決まると思う。

ミキサーさんの腕で
雑な音楽が良く仕上がる事もあれば、

ミキサーさんの腕で
良い音楽が残念に仕上がる事もある。

ミキサーにお金を払えないと
話にならない

良いミキサーさんは高いから
資金が必要。

自分の思想を伝える為に
音楽をやるのに

その軍資金を音楽で集めるのは
非効率だ。

だから
他業種で

  • 軍資金
  • 知名度
  • ファン

を集め、

スライドして
最初からメジャーデビューをし、

ミキサーさんには
十分な額のお金を払い、

何をやってもある程度当たる

状況を作ることが必要だ。

ミュージシャンではなく
アーティストなのだから

音楽性で評価されて
成功する必要はない。

音楽を通して
幅広い世代の方々の脳内

イチマティズム
インストールしてもらえたら
自分にとっては成功だ。

ギターが必要なタイミング

  1. 必要なものを集める
  2. 音楽を始める。
  3. ソングライターボーカリストになる。
  4. ギターボーカルになる。

今のところのプランは
上の通り。

高度なギター演奏技術
欲しいタイミング

ギターボーカルになったとき。

ソングライターボーカリスト
ギターの技術はいらない。

ギターの練習をするなら
音楽を始めてからでも良い。

成長過程コンテンツとして
発信できる。

もし偶然いい話が舞い込んできたら
また計画が変わるかもしれないが、

偶然を待っているわけにはいかない。

まずは必要なものを集める。

ギター練習は今じゃない

視聴者のおかげ

ギター練習は
沢山の視聴者の方々に支えてもらった。

本来もてなされる立場なのに、
毎日のように配信に来てくれて

「君は武道館でワンマンライブができる」
と言って

パワーコードも
綺麗に弾けなかった自分を

姿勢から細かな技術まで
画面越しに指導してくれた。

きっと視聴者がいなければ
すぐに諦めただろう。

本当に感謝している。

ありがとうございます。

結果として一旦裏切ってしまったが、

いつか大きなステージの上に
立っている姿を
見せたいと思っている。

そのためにもまずは
こうやって文章を書いて

多くの人に
自分の思想を届けたいと思う。

続く。

コメント

  1. eioqnyqtwf より:

    Muchas gracias. ?Como puedo iniciar sesion?

タイトルとURLをコピーしました