ICHIMATism 2.0

随時更新。

 

前バージョン→ICHIMATism 1.1

 

日々のインプットの中で知識が増え、

話したいことや付け加えたいことが増えたから

記事をアップデート、追加します。

ICHIMATism 1.1

嗜好品としての食品添加物はいらない

自分は 嗜好品としての食品添加物を接種することに 気乗りしない 加工したり添加しないと悪影響が出るなら 是非とも全ての食品に加工、添加して欲しいが 実際はむしろ逆だ。 美味しくするために健康を犠牲にするのが 嗜好品としての食品添加物だ。 美味しくしたければ 健康的に出汁をとるという方法もあるし、 素材のまま美味しく食べられるものだって 沢山ある。 受け継いだ命を 自分の健康を脅かしてまで 加工したり添加する必要があるだろうか?
ICHIMATism 1.1

「環境のせいにするな」なんて簡単に言うべきではない

「環境のせいにするな」というお叱りを よく目にする。 環境のせいにすることに問題があるのは 理解できるが、 簡単に言うべきではないと思う。
ICHIMATism 1.1

「若い時の苦労は買ってでもせよ」の時代は終わった

「若い時の苦労は買ってでもせよ」の時代は終わったと思う。 苦労は何のためにするのだろう? 思い出を作るため?…ではないだろう。 多くの人は 将来役に立つノウハウを得るためにわざわざ苦労をする。 ではノウハウは苦労からでしか得られないのか? 昔はそうだったかもしれないが今は違う。
ICHIMATism 1.1

毎日違う服を着る必要はあるのだろうか。

毎日同じ服を着るのはおかしい という風潮が世の中にあることは 多くの人が感じ取っているだろう。 しかし自分は 毎日同じ服を着ることは おかしいとは思わないし、 毎日違う服を着る必要はない と考えている。 なぜそう考えているのかを 今回は述べていこう。
ICHIMATism 1.1

ファッション界における4種の人種を解説

ファッション界には大きく分けて 4種の人種がいると考えている。 お洒落好き、ファッション好き、ブランド好き、服好き という種類の人たちだ。 これは業界の中だけでの話では無く 服を購入して楽しんでいる消費者たちにも言えることだと思う。 今回はこの4種の人種の特徴を解説する。
ICHIMATism 1.1

食事のマナーは厳守すべきなのか。一人で食事をする理由。

自分は 食事のマナーは厳守しなくてもいい という意見を持っている。 今回はそう考える理由について述べていこう。
ICHIMATism 1.1

一日一食生活を成功させるコツ。【デメリットと対処法】

「いちまつ君が一日一食をする理由」 で述べたように 一日一食には多くの利点がある。 ただ、多くの利点があるとはいえ 元々一日三食摂っていた人からすると なかなか簡単に実践しようとは 思えないかも...
ICHIMATism 1.1

いちまつ君が一日一食生活をする理由

食事を最適化する中で、一日一食という様式で生活をしている。 一日一食とは 一日の中で食事を取る回数が一度のみという生活様式で、間食については食事回数に含めないことが一般的だ。 今回はなぜ一日一食生活をするのかについて述べていこう。
ICHIMATism 1.1

いちまつ君が納豆を食べる理由

毎日1パック以上は食べるようにしていて、現在は毎日3パック分を食べている。 このようにいちまつの食事には欠かせない存在である納豆。 今回はいちまつが納豆を食べる理由を解説しよう。
ICHIMATism 1.1

固定装とは

・固定装とは 固定装(コテイソウ) 装い(服装)を固定化すること。装いの中には私服、衣装など様々な場面での装いが含まれる。 筆者いちまつによる造語で、ミニマリスト界隈でよく使われる“私服の制服化”とほぼ同...
タイトルとURLをコピーしました