足元はEngland製のブーツ

足元はEngland製のブーツ ICHIMATism 1.0
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

“足元はEngland製のブーツ”

2020年2月現在、

instagramのプロフィール欄に書いている自分の装いに対する拘りの事だ。

意味はそのままで、

MADE IN ENGLANDのブーツばかりを履いているということだ。

現在履いている種類としては、

Dr.Martensだと

普段履き用でSTEEL TOEの3ホールブーツと

特別な日用で20ホールブーツ、

GEORGE COXだと

冬季用でゼロブーツとドレッシーな日用でゴールドの5289。

他にも履き潰しちゃったものがいくつか。

なぜイングランド製に拘るのか?

理由は前回と同様に名残りだ。

過去の投稿を見れば分かるように、

元々はハイテクスニーカーや

現行品のDr.Martensを履いていたけれど、

70年代のイギリスの文化に出会った頃に

England製のブーツの格好良さを知った。

今はイギリスの文化を追っている訳ではないが、

それよりも格好良いと感じる靴にまだ出会えていないから

それが名残りとして継続しているというワケだ。

装いの中で一番拘っているのは靴だけれど、

特に靴から展開するお話はないから今日はこれで終わりw

コメント

タイトルとURLをコピーしました