衣類に関するイチマティズムです。
いちまつの持つファッション観や固定装などの情報を発信します。

ICHIMATism 1.1

いちまつ君が固定装をしている理由。

いちまつは服が好きである。 トップページにある経歴にも 書いてあるように たくさんの時間を服に使ってきた。 今は少し離れているが、 もちろん嫌いになったわけでも飽きたわけでもない。 ...
ICHIMATism 1.1

ミリタリーウェアを普段着として着ることは平和の象徴【軍服を着る理由、メリット】

自分は普段から服を選ぶ時には可能な限り ミリタリー ウェア(軍服)を選ぶようにしている。 様々な服がある中でなぜミリタリー ウェアを選ぶの? 今回はその理由について述べていこうと思う。 衣類...
ICHIMATism 1.1

毎日着る服に古着のレザーベストを選んだ理由【いちまつ君の固定装】#VANSON #TALONZIP

自分は毎日着る服として 古着のレザーベストを選んでいる。 新品ではなく古着? 毎日着るのにレザー? レザージャケットではなくレザーベスト? 今回はその理由を述べていこう。
ICHIMATism 1.1

固定装を始めてからの服装遍歴(いちまつ君が毎日着る服たち)

固定装を始めて1年が経った。 固定装とは固定化された装いを指すが、実は今までに何度もアップデートを行なっている。 アップデートをしたという事は何か不具合があったということ。 だから今回はこれまでの...
ICHIMATism 1.1

ファッション界に論争が絶えないのはなぜか。

ファッションを楽しむ人たちの間には論争が絶えない。 論争の内容は “ユニクロを着てるイケメンが最強” “ファストブランドには中身がない”、 “〇〇はもう古い” “中古のデニムが100万円だなんて考えられない” といった偏った主張とその反論である。 そういった論争はなぜ絶えないのか? 解決法はあるのか? 今回はそんな切り口から話をしよう。
ICHIMATism 1.1

毎日違う服を着る必要はあるのだろうか。

毎日同じ服を着るのはおかしい という風潮が世の中にあることは 多くの人が感じ取っているだろう。 しかし自分は 毎日同じ服を着ることは おかしいとは思わないし、 毎日違う服を着る必要はない と考えている。 なぜそう考えているのかを 今回は述べていこう。
ICHIMATism 1.1

ファッション界における4種の人種を解説

ファッション界には大きく分けて 4種の人種がいると考えている。 お洒落好き、ファッション好き、ブランド好き、服好き という種類の人たちだ。 これは業界の中だけでの話では無く 服を購入して楽しんでいる消費者たちにも言えることだと思う。 今回はこの4種の人種の特徴を解説する。
ICHIMATism 1.1

固定装とは

固定装(コテイソウ): 装い(服装)を固定化すること。 装いの中には 私服、衣装など様々な 場面での装いが含まれる。
ICHIMATism 1.0

足元はEngland製のブーツ

"足元はEngland製のブーツ" 2020年2月現在、 instagramのプロフィール欄に書いている自分の装いに対する拘りの事だ。 意味はそのままで、 MADE IN ENGLANDのブーツばかりを履い...
ICHIMATism 1.0

小さなTシャツをタックイン

"小さなTシャツをタックイン" 2020/02 現在、 instagramのプロフィール欄に書いている 自分の装いに対する拘りの事だ。 この拘りに関しても第一人格、第二人格に共通している事だ。 ...
タイトルとURLをコピーしました